女性をわかっとらんな!

 今日は、
  ある化粧品会社での小話
             (※あくまでもフィクションです)
★女性をわかっとらんな! ~~~~~~~~~~~~~~~~
 <P化粧品 商品企画部にて>
 (企画部長)
   A君、
   企画中の朝用の化粧水の保湿効果はどのくらいの設定だ?
 (A君)
   しっかり水分を入れ込む仕様でポリマーも利かせますので
    環境的にある程度厳しくても12時間以上大丈夫です。
 (企画部長)
   なるほど。
 
   夜用のローションの方は?
 (A君)
   夜、寝室での環境なら約12時間程度という設定です。
 (企画部長)
   なにぃー?
   それではイカンじゃないか!
 (A君)
   はぁ?
 (企画部長)
   クリームだよ。クリーム。
   保湿クリームが必要なくなくなってしまうじゃないか。
   このブランドはクレンジングから始まって
   約12点のフルアイテムで毎日全部使ってもらう計画なんだから
    客には全種類を買ってもらわないと困るんだよ。
 
   女性は、そういうのが好きなんだ!
   相変わらず、女性をわかっとらんな君は。
    企画、やり直し!
 (A君)
  は! 解りました!
   頑張ります! 
★出世 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 <Q化粧品 販売促進部にて>
 (販売促進部長)
   B君、新美容液の広告の方はどうなんだ?
   今回の新美容液は容器のデザイン、重量感と輝き
   全て高級品らしく仕上げたんだから売れなきゃ困るんだよ。
   君の出世もかかってるんだぞ。
 (B君)
   はい。
   今回はプロモーションにも随分予算をもらいましたから
   絶対にいけると思います。
 (販売部長)
   テレビコマーシャルは女優のAだったな。
 (B君)
   はい。
   高級イメージにピッタリだと思います。
 (販売部長)
   はっはっはっ
   しかし、この美容液も中身は同じで随分出世したもんだ。
   君も見習いたまえ! (`´)
  
★真面目に ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 <R製薬 経営幹部>
 (取締役)
   Y君
   今度のテレビコマーシャル
   内容は決まったのか?
 (Y君)
   はい。今回も真面目路線で女性に語りかけるイメージで
   編集させました。
   弊社の真面目で誠実なイメージにピッタリかと、、、
 (取締役)
   ところで、
   今度発売の美白美容液の原価はどのくらいになるんだ?
 (Y君)
   なんとか10%以内に収まりそうです。
 (取締役)
   10%だと~!
   今回も大々的に真面目路線でCMをやるんだぞ。
  
   そんなに製品に金掛けてどうすんだ!
    でなきゃ販売価格をもっとあげろ。
  
   あれだけイメージアップのCM出してるんだから
   値段上げても客は何も言わないはずだ。
   その分広告費にどんどん回せ!
   おまえ
   もっと真面目に仕事やらんかーー!
 (Y君)
   はっ 解りました!
  ----------------------
 これはあくまでもフィクションですが
  こんな化粧品会社が、多く存在するのも事実です。
 例えばクリームみたいな石鹸ってあるでしょ。
 洗顔するときもクリームの様な泡で滑らすように、、、とか
  実はこれも化粧品会社の戦略、知識の刷り込み戦略。
  クリームのような白い泡=繊細できれいな肌
  という<こじつけの連想イメージ>です。
 就職すると直ぐに化粧品会社主催のスキンケア教室や
 メイク教室等が各企業で催されます。
  そこで高価な化粧品を購入するように
  色々な知識を刷り込まれます。
  アイテムもいっぱい紹介されますよね。
  <社会人になったら色々なアイテムを全部使いこなす>
  それが当たり前みたいな感じです。
 一部で化粧品は『ふりかけ』とも呼ばれています。
  何故『ふりかけ』かというと
  あらかじめ出来上がった原料を
  混ぜるだけで新商品が出来上がるからです。
 皆さん
 もう一度、自分のスキンケアを
 振り返ってみてくださいね。
 今回のお話しは化粧品業界全てのお話しではありません。
 しかし、こういう事が行われているのは事実です。
 最後に
 ==============
 ネオナチュラル製品作りの基準
 ==============
 
 ・安全 口に入っても安全な製品
 ・安心 長く利用されてきた信頼出来る自然素材を活かした製品で
     素材や肌の働きを阻害する合成界面活性剤・保存料・香料
     などの化学成分を使用しないこと
 ・環境 環境負荷が少ない地球に優しい製品であること
  この基準は「肌の気持ちになって考える」という私どものスキン
  ケアの基本にもとづいて設けているものです。
  その場の使用感だけを追い求めることはせず、10年20年と長い目
  で見て安心して使用出来るスキンケアを皆様にお届けしていきます。
↓収穫したハーブをハウス内で自然乾燥しています

 ★お た め し 3 D A YS!
┗ http://www.neo-natural.com/fs/life/c/0809
こちらも本日20時まで─┐
           ↓
////////★───────────────────────
//////☆──── し っ か り 栄 養 祭 り
////★────           <ポイント5倍>
//★ http://www.neo-natural.com/mutenka/kikaku/080919/
☆───────────────────────────
10月9日20時まで─┐
         ↓
////////★───────────────────────
//////☆──── 秋 の お 肌 復 活 祭
////★────           
//★ http://www.neo-natural.com/mutenka/kikaku/080910/
☆───────────────────────────
    ”いつも皆さまの肌の健康のために”
                          (おしまい)
★何か力になれることがあるかもしれない、、、
【ユニセフ支援活動】子供達に未来を!ユニセフのキャンペーン
 ┗ http://www.unicef.or.jp/top3.html


Comments

“女性をわかっとらんな!” への2件のフィードバック

  1. 立花右京のアバター
    立花右京

    大作 面白かったよ!
    女性の気持ち ぱっとワカル人えらいよね・・・

  2. 会話はフィクションですが
    こういう考えで化粧品会社(全部じゃない、もしくは一部)が製品を作ったり打ったりしていることは事実です。
    今は食品偽装が問題になっていますが
    同じようなことで大きな事件が化粧品にも起こるんじゃないでしょうか。