北海道であったこと-続き

僕が北海道の知内に住んでいたときの話の続きです。 ⇒先回のお話しはこちら

僕が夜、バイクで走っているとき
ぼんやりと灯りが灯った道端の
バス停の小屋の出入り口から
 髪が長く色白の女が、バイクで走っている僕の方をじっと見つめていました。
その一瞬の光景に凄く違和感を感じました。
それは
女が僕の方を覗いていた位置、
位置と言うよりは、その女が僕を覗いていた高さ
 首を出していた高さがおかしいのです。
 低い。
 低すぎる、、、
幼稚園前の子供の顔の高さくらいの位置、
いや、もう少し低いくらいの高さから僕の方を見ていました。
 長い髪が、地面にまで垂れ下がっていたようです。
しかし女は子供ではなく、あきらかに女性でした。
 お化粧もしていたことがはっきり解りました。
「女が、あの高さから顔を出すことが、可能性としてあるのか?」
理工系思考の僕は、何か胸のざわめきを感じつつも、
 必死で、今起こった事の可能性について考えました。
 小屋の構造は?
 もしかしたら椅子か何かに座っていたのか?
 いや。。。
どうしても答えは見付かりません。
急に背筋が寒くなってきました。
僕は誰もいない無人駅や、バス停の小屋で野宿することにも慣れていたし
まったく平気なのですが
何故か、いやな気配に背筋が寒くなってきました。
どう考えても頭の中で整理出来ない今見た光景を、そのままにしておいていいのか?
それとも
 「戻って確かめてみようか・・・」
 と思い、少しバイクのスピードを落としたその時。
 チャカッ チャチャカッ
 チャカッ チャチャカッ
バイクのエンジン音に混じれて、何かの足音ような
 単調でリズムカルな音が後方から聞こえてきます。
 チャカッ チャチャカッ
 チャカッ チャチャカッ
 チャカッ チャチャカッ
それは獣が走っている爪音。
 獣の爪がアスファルトを叩いているような乾いた音の様に聞こえました。
徐々に、その音は大きくなってきます。
信号も何もない直線道路ですから、スピードを落としても
まだ時速50kmくらいはだしていたと思いますが
あきらかに後方からその音が迫ってきます。
 僕は意を決して
 さらにバイクのスピードを少し下げて、フルフェイスのヘルメットのシールドを上げ
 おそるおそる振り返ってみました。
すると
そこには、
先ほどバス停にいた女が、
髪の毛を振り乱し、僕に向かって走っていました。
 4本足。
 茶色い大きな犬の身体
 そして
 女性の口は大きく裂け、口の横からは真っ赤な長い舌が出ていました。
その後は
バイクをフルスロットルで飛ばして
そのまま知内の宿舎までノンストップで帰りました。
途中のことは、全く覚えていません。
帰った後も、職場の同僚や先輩達にも、このことは一切話をしませんでした。
 これは僕が23才。 ちょうど今日の夜中の出来事です。


Comments

“北海道であったこと-続き” への9件のフィードバック

  1. 怖い・・・怖すぎですよ店長~!!!!!
    読んでて鳥肌がたちました・・・
    でもそれで事故とかにならなくて、よかったですねっっ!!
    もしその小屋で野宿していたら・・・
    怖くて眠れません!!
    北海道には近寄れなくなりました・・・

  2. きなこママのアバター
    きなこママ

    笑えて~笑えて~~笑えて~~~頭がまっしろです。。。手がふるえて~~~
    また・・笑えて・・・あ~誰か助けて~~~
    完全にダメです。。

  3. きなこママのアバター
    きなこママ

    只の酔っぱらいです。

  4. きなこママのアバター
    きなこママ

    何度も訪問ですんません。。。笑いとまらず
    今帰って来た・・・ヘロヘロさんにこの話しって嘘でしょ・・・って・・言いいました。
    ほ ん と・・だよ。
    怖いです。。momomiちゃん~一緒に居るのが~怖い!!

  5. お昼休みに携帯から1話目~を見て
    ー続きーに え~続きなの~と大きな声でつっこんでいました^_^;
    それにしても。。。
    怖すぎですよ店長さん(>_<)
    店長さんはもっと怖かったですよね
    事故がなくて良かったです。
    しばらくバス停には近寄れないかも。。。
    そうだ!今日は子供と一緒にいよう!トイレも一緒(笑)

  6. やまちゃんママのアバター
    やまちゃんママ

    なんか気になって最後まで読んじゃったら
    ・・・こわいよ~>< こわいよ~><
    想像しただけでもうだめ~(泣)
    こわい話だめなのに
    パパさんは面白がってよくするので・・・
    そんなときはおかえしです^^:

  7. ゆうちゃんのアバター
    ゆうちゃん

    店長!! ウソでしょ!!
    ウソだと言って~(><)
    続編を読みながら
    「やっぱり~犬だったってオチかぁ(^▽^;)」って思ってたら・・・
    顔は本当に女性の顔だったって・・・
    コワすぎですよ!!!
    そういう「異様な姿」ってのダメ~(><)
    夜道の車がコワイじゃないですか~(T_T)
    ウソだと言って~!!
    いや!!今更「ウソです」と言われても
    その光景を思いっきり想像してしまって焼き付いてしまったから
    もう手遅れかも・・・(:_;)

  8. おはようございます~♪
    さわやかな??朝です~^^
    よかった。。。朝、読んで。^^
    ゆうちゃんさん、1時に読むのは怖すぎる
    。。。もう少しで丑三つ時じゃないですか~
    ママのコメントわかる~
    こんな時は一緒にいたくない~!!
    あ~店長さんに、ヤラレタ~ってカンジ!
    頑張って思い出さないようにします。^^;

  9. 北海道では、このほか2つ
    学生時代にも1つ
    あるんですよぉぉ~